So-net無料ブログ作成
検索選択

新作 創作折り鶴 (無明は知の源) [折り鶴 裁ち折り鶴]

 裁ち折り鶴 折り紙 (tachioriduru origami)

こんにちは、ここ数ヶ月時間を見つけては、新たな裁ち折り紙、裁ち折り鶴を作って
いました。
3月のひな祭りも近づき、3羽の鶴もまじえて考えていると思いもかけずに折り方が
閃きメモをして、後日改めて折り始めてできたものです。
 (つり舟以外は、全て18cm×18cmの折り紙です。)

P454山越え_1.jpg
以前に八羽の鶴がチベットのヒマラヤ山脈を命がけで越えるという(チベット越え)
と題して紹介したものを、山の部分を小さく折り、台座の部分のまとめ方を変えた
裁ち折り鶴です。                創作:(山越え)八羽の鶴

P455山越え_2.jpg
創作:(山越え)を上方から映した写真。実物より写真の方が迫力を感じます。

P456雪洞.jpg
四羽の鶴ですが、ピンクや紫色で折ってあげたら、三月(弥生)のひな祭りの
左右に置いても雪洞(ぼんぼり)として映えるかもと思います。
                               創作:(雪洞)四羽の鶴

P457雪洞2.jpg
雪洞を並べてみました。

P466雪洞S.jpg
P467雪洞S_2.jpg
雪洞を折りあげて、見ていた時に鶴と台座の色を、折り紙の表裏で色違いで
折れないかと思考錯誤して出来ました、折り図そのものは変わりません。  
                              創作:(雪洞S)四羽の鶴

P458あかり2.jpg
色紙の表裏を利用して鶴のみを裏地の白色で折り、裏返して切込みの隙間
から表面に出してみました。              創作:(灯り)四羽の鶴

P464水蓮A.jpg
何年か前に千葉県の富津公園で見た水蓮の花が小さい池の中で、ひときわ
輝くように咲いていた姿に重なったのでついつい名付けてしまったしだいです。
                              創作:(水蓮A)三羽の鶴

P465水蓮A_2.jpg
色を変えて5~6個を並べてみると、ちょっとした立体の絵のようです。
                              創作:(水蓮A) 

P460変化水蓮_01.jpg
水蓮Aを四羽で折ったのですが、これが想像以上におもしろく、上下のひし形
部分のたたみ方しだいで変化するのです。 
この写真は一段階で高さもありどっしりしています。
                             創作:(変化水蓮)四羽の鶴

P461変化水蓮_01_3.jpg
変化水蓮を並べてみました。
少し撮影の仕方が悪いようで見にくい角度になっていますが、手前の二つは
一段目のひし形部分をたたみ高さが低くなっています。  創作:(変化水蓮)

P462変化水蓮_02.jpg
変化水蓮の最終の折りたたみです。上下のひし形部分を全て上方にたたむと
八枚の花びらが出来ますので、きれいに広げると、三変化目のこの形になります。
  水面に浮かべてもいいかも?                創作:(変化水蓮)

P459釣り舟_re120kb.jpg
これは秘伝千羽鶴折形にある(つり舟)と同じですが、正規の折り方ですと、吊るしているうち
に大鶴の羽根が重みで閉じてきてしまいます。そこで大鶴の羽根を強化する意味で、中央の
大鶴を座布団折から袂羽鶴に変える事で吊るしても大鶴の羽根が閉じません。
鶴の数は変わりませんが、重ね折り鶴と一枚折りの鶴の数は、つながりが合わないので、私
なりに改良したものですからあしからず。
                              つり舟:(秘伝千羽鶴折形)十八羽の鶴

ここしばらく、新作の鶴を折ってみて、一枚の紙から学ぶことが増えたことは間違いないことです。
何年か前に ”折り紙は数学ではない”と誰かさんの本で読んだのですが、確かに私でも折ってい
るうちに??ここをたたんでみようとか、折り込む方がと 迷い、先が判らないから、無駄や寄り道
をしてしまいます。 でも、そこでの出会いや発見する物は、迷い込んだからこそです。
幾通りかの折り方をしていると最良の折り方が見つかることもありますが、やはり数学的知識は
大いに必要と感じたしだいです。

 人生は一生勉強 そして 感謝して反省ですね!


2009-02-22 22:02  nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

じゅん

お久しぶりです。
山越え、突き上げるような峰とツルが想像力をかき立てますね。
つり舟は吊して飾っておけるんですか、
強度とか考えられているんでしょうね、凄いです。
by じゅん (2009-03-02 22:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。