So-net無料ブログ作成
検索選択

裁ち折鶴の(飛翔)を折る [折り方 裁ち折り鶴]

 久しくブログの更新が出来ずにいました。           裁ち折り紙折り鶴
                                       tachiorigami
 日々の生活で、しなくてはならない事、しなくてもよい事が
 ありますが、皆さんは、何を基準として行動していますか。
 また、言うべき事、言うべきでない事がありますが、何を基準にして分けていますか。
 同様に、きれいなもの、汚いものは? 強いもの、弱いもの等がありますが、ふだん何気なく話
 していますが、特に考える事もなく、考える必要もないのでやり過ごしています。
 ふと考えてみると、人それぞれで 定まったものはないのです。
 当てはまるものは比較するものがあって、はじめてどちらかと選ぶものです。

 これは韓国の旅客船沈没事故に於いて、国側と被害者側の対応や非難の報道を見て感じた
 ものです。
 初日に、荒れた海での二次災害も考え捜索を終えた時、“なんで止めるんだも一度潜水夫を
 潜らせろ” との怒号や修学旅行を計画した学校の先生にも "なんで船に乗せたのか” などの
 発言や被害者家族の待機所で教育長の役人がカップラーメンを食する事態。 
 最悪は船長や乗組員に対して朴大統領の殺人的行為発言には驚きました。

 人は皆自己防衛に走るものですが、他人への感謝と自己の非を認める事も忘れてはならない
 と改めて感じます。

 今日は、裁ち折り鶴の基本的な一羽の(飛翔)の折り方を紹介していきたいと思います。
 15cm×15cmの折り紙で折ってみました。
P1020349.jpg

1 裏面にて斜めクロスと縦横に折れ線をつける。
P1020324.jpg

2 右上の一区画に十字の折れ線をつける。
P1020325.jpg

3 右上の区画の二ヶ所に切り込みを入れ、左上と右下の三角形を折る。
P1020326.jpg

4 右上の正方形を正方基本形にたたみながら二つ折りに折る。
P1020327.jpg

5 正方基本形にたたんだ所で鶴を折る。
  正方形の中央線に合わせる様に折れ線をつける。
P1020328.jpg

6 折れ線より中割り折りに折る。(反対側も同様、中割りに折る)
P1020329.jpg

7 大きく開き、上部を鶴の基本形に折りたたむ。
P1020330.jpg

8 次の写真を参考にして、折れ線を大切に、一部分を山折りに直す。
P1020331.jpg

9 裏返す様にして、右上を鶴の基本形にたたみながら二つ折りに折る。
P1020332.jpg

10 上の部分を細く折る。(反対側も同様に細く折る)
P1020333.jpg

11 左半分の三角形を中割り折りに折る。
P1020334.jpg

12 折れ線より折る。(反対側も同様に折る)
P1020335.jpg

13 縁と縁を合わせる様に折る。(反対側も同様に折る)
P1020336.jpg

14 同じ様に縁と縁を合わせる様に折る。(反対側も同様に折る)
P1020337.jpg

15 上部を開いて、回転させる様にして尾を折る。
P1020338.jpg

16 上方から見たもの、羽根部分を手前側に回転させる。
P1020339.jpg

17 上部を細く折って鶴の頭まで折る。
P1020340.jpg

18 角と角を合わせる様にして折れ線をつける。
P1020341.jpg

19 つけた折れ線に合わせて半分の折れ線をつける。
P1020342.jpg

20 初めにつけた折れ線より被せ折りに折る。
P1020343.jpg

21 折れ線より、も一度被せ折りに折り返す。
P1020344.jpg

22 これで折り方は終わりです。
P1020345.jpg

23 上から見て、鶴を前方に傾け、羽根を開き、形を整える。
P1020346.jpg

24 台座部分を少し開き完成。
P1020347.jpg

25 一羽の裁ち折り鶴(飛翔)
P1020348.jpg

26 外側の飾り羽根を広げただけでも変化を楽しめる。
P1020350.jpg

27 工程14で一旦開き、飾り羽根部分を被せ折りに変えて折ったもの。
P1020351.jpg

     


2014-04-23 03:08  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

haruhikong

早速折ってみます。
by haruhikong (2015-08-06 21:23) 

鶴連坊

事後の連絡で申し訳ありませんが、自分でも折ってみて記事をupし、このページにリンクさせていただきました。
本には取り上げられず、折り方も説明されてない作品がたくさんありますが、少しずつ考えながら折ってみようと思います。
by 鶴連坊 (2016-03-24 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。